水魔の侵略者ヴァランティーヌでデッキを考えてみました

 23, 2016 23:53
こんばんは
もうちょっと早く記事を書きたかったのですが
諸事情でなかなか取り掛かれずこんなに時間になってしまいましたが
頑張ってブログの体だけでもとりたいと思います。

先週の金曜日に公開されました
水魔の侵略者ヴァランティーヌを使ったデッキを考えてみようと思いました。

D1魔石ルーラー

ルーラー:水魔の侵略者ヴァランティーヌ
暗深の魔石4
アトラクシアの残滓4
覇者のメモリア2

魔石構成はせっかくアトラクシアの残滓が登場したことで水/闇が確実に出せるであろうということで
闇のカードがもともと闇ダブルシンボルを多用するカードが多かったため
他の色を加えようとするとどうしても色事故が出やすいような状況でした。
デッキ自体がダブルシンボルおよび水闇要求するカードが多めになったので
グリムクラスタの吸血鬼の参謀を非常に入れたくなる構成になりましたね。

覇者のメモリアの2枚は調整枠ですね
トークンが出るということは性質上1枚で2枚出る可能性があるので白をタッチで
グゥイバーや赤を足して雷撃などもうひと押しのカードを差し込むための余地と考えています。

D1リゾネイター

リゾネイター 19
シャングリラの解放者 シオン
幻影の映し身3
幻想使いの魔導士3
深遠のアドゥムブラリ3
まやかしの夢3
幻想女帝ムージュダルト3
堕天の荒廃者ルシフェル
フック船長
誇り高き女王ティターニア

今回のプレビューのカードだけではこれをフィニッシャーとしてというような
フィニッシュの形がどうしても見えにくい感じでした。
カードのデザインとしてトークンを出す、リゾネイターのステータス増加・減少
余剰トークン等を廃棄しての能力
というようなところからもトークン自体を並べたり、トークンを犠牲にしてなんかしら効果を得たり
並べる系が勝利への近道のデッキタイプなのかな?という印象を受けます。

ほぼ闇と青の属性を持つカードが多いので
アドゥムブラリによってドローと400点のライフ減少が狙えそうなので
赤を足して雷撃等が加えられれば求められる打点のハードルが下がりそうなので
フィニッシャーがいなくてもトークンによるビートで勝利打点まで稼げそうですがね?
ムージュダルトが飛翔を持っているのでまったく空中戦もできないわけでないというのと
サイズ差は後述のスペルでなんとかしていきたいと思います。

D1スペル

死角からの狙撃2
シャルロッテの水系術2
御影の血2
ダークアリスの嘲笑
無名の霧
黒い月光
ラピスの魔風
常夜
闇に浮かぶ満月
時空のねじれ2

詠唱はステータス変更、ハンデスがメインですね
トークンや幻影の映し身などは破壊されても構わないので
御影の血などは使いやすそうだった為
常夜は3コストと重めですが瞬動タイミングで打てることと
2体除去できる可能性もある点で採用してみました。
ダブルシンボルなのでヴァランティーヌ補正でさらにDEFを-200減らせるので
カード自体の効果と合わせて-400まで減らせるのはクマになーれとも相性がよさそうかなと思いました。
当然なことですが水/闇カードといえば時空のねじれを入れないわけにはいかないのではないでしょう
ヴァランティーヌの能力によってダブルシンボルの為-700/-700まで見ることができるのは非常に大きいです。

D1レガリア アディション

写真はアディションとレガリアのつもりでしたがねじれがここに入ってましたw

不死王の屍術2
氷の枷
海上の楽園シャングリラ
魔剣レーヴァテイン3
命断の鎌デスサイズ
四聖の角笛

一応ビートという点で屍術を入れましたが
最近の個人的な趣味で墓地に落ちても仕事するカードが好きな傾向にあるようで
屍術、水形術、ねじれなどは好きなカードになってます
魂狩りをプレイしても捨てるカードとして選択しやすいですね。
基本リゾネイターには水属性がほぼつくのでシャングリラもいれてみました。
ハンドがあまり増えるようなデッキでもないのであまり増加は期待はしてないですが
いれていました。

こんな感じでフィーリングで組んでみました。
もっとカードが見えてきたらデッキ傾向も変わると思うので
今後の改造が個人的にも楽しみです。

今日のところはこんな感じで

スポンサーサイト

Tag:FOW

COMMENT 0

WHAT'S NEW?