餃子杯参加しました。

 27, 2016 01:04
今回の記事は
soraさん主催の餃子杯に参加したので
その大会で使用したデッキについて書いてみたいともいます

対戦記にしちゃうと
綿さんのデッキについて触れざるを得ないので自分のデッキだけの話にします

ということで
今回使ったデッキはこんな感じです。



最近ルーニャを使って赤の早めのデッキを使っていたので
今回は割とバーン寄りに調整しました。

このデッキのメインギミックは

4e770fa33e6272e0c6315a52c48493b2e4e11acf6ec4944f7a51cb2c72b369b2.jpgf319bd58c28b2dd11263bf9f42a8c82645a37fa79cbfbebd4144fbdd53adeafa47224bffcff95bb5.jpg

炎王の叫びからのアルティアの炎竜でした
叫びで全体に400点焼きを入れつつ、3コスト以下のリゾネイターを迅速でプレイできるので
1200点の飛翔ドラゴンを即アタックできるこの組み合わせは非常に有効的だと思います。
もちろんハスターを叫びの効果で場に出してアタックすることもできるのですが、1200点の方が
やはり火力的には大きいのでいいですね。

サイドチェンジ後にシャルロッテやマルスという選択肢もあるので
迅速を失ったハスターもこの方法で迅速でアタックすることができるようになります。
あとは最後の雫から墓地の炎竜を場に出すこともできるので
対戦相手のターンに場に出して、自ターンにまた殴りだすプレイもできます。


あとは、サイドチェンジ後の動きとして
シャルロッテをルーラーにした際に
単純にバーンカードを増やして、手札が枯れたらジャッジメント
またバーンカードが補充されるので火力をプレイヤーに飛ばし続けるスタイルです。

シャルロッテの方が後抗カウンターが青なので
2ターン目ランスロットで攻撃した後に相手のターン終了時にキャスリングで
手札のアルティアの炎竜を場に出すこともできるので。
やっぱりキャスリング大好きですね。

今回は0-2でいいとこなくストレート負けを喫しましたが
こういうユーザー主催の大会を過去に企画していた身としては
こういう企画は本当に他の方がやってくれるとやっぱりうれしいですし
もっと増えていくといいなぁと思ったりもします。
大会参加のメンツを考えるとこんな場に呼んでいただき恐縮ですという感じではあるのですが

ばんばん参加しますのでまた次回も、別な方の主催の大会でも
ガンガン呼んでいただければと思いますので是非よろしくお願いいたします。


プレイ自体は炎王の叫びからなので
1発打ち消されたとて
スポンサーサイト

Tag:FOW

COMMENT 1

hang03  2016, 09. 28 [Wed] 18:01

お疲れ様でした。
このブログを入力するためのおかげで。
あなたは今回の大会で他のどのデッキタイプ見ましたか?

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?